経済センサス活動調査 令和3年6月1日

文字サイズ

English

アンサー!経済センサス

宮崎県

宮崎県で従業者数が全国1位の
産業は次のうちどれ?

  • 不正解
  • 不正解
  • 正解

答え

C

素材生産業

「平成28年経済センサス‐活動調査」の結果でみると、「素材生産業」の人口1万人当たりの従業者数(5.37人)が全国1位となっています。
宮崎県は豊かな森に囲まれ、特にスギ生産量は平成13年で93万6千m³と全国の約13%を占めるとともに、1991年から30年連続スギ素材生産量日本一を達成しています。また、県は平成31年度、林業の将来を担う人材を育成するため、実践的な人材育成を総合的に実施する「みやざき林業大学校」を設立しました。国や市町村、林業関係団体など約100人が見守るなか、林業技術者となるための研修をスタートしています。
また、宮崎県産スギは樹脂を多く含んでいる為弾力性があり、湿気に強く腐りにくいことから、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム(新国立競技場)の大屋根や外周を囲む軒とひさしに採用されたり、県産スギをふんだんに使った「日南レトロバス」や、宮崎の映画館、パーソナルサウナ「ONE SAUNA」事業など、県産スギは県内外問わず幅広く使われています。

素材生産業

PAGE TOP